採用情報

  • 経営者メッセージ
  • 採用情報
  • 採用情報

宿力の2つの使命

  1. 観光産業を支援し、地方に雇用を創出したい
  2. 働くスタッフが幸せを掴むところ

この2つの使命を持ってうまれた会社が宿力です。
この理念を多くの人に共感してもらい、
会社に関わるすべての人を幸せにしたいと考えてます。

日本を元気にしたいという想いから
現在日本では、毎年25万人の人口が減少しており、これは4~5年間で一つの県が丸々消滅していることを意味します。 2040年には約1000の市区町村が消滅可能性都市に指定されてるのですが、人口減少問題の影響は市区町村の消滅や極点社会にまで発展するおそれがあります。
少し飛躍して話すと日本は都市圏以外では行政はじめ生活に必要な機関が機能しなくなり人が住みづらくなります、 その結果、産業・市場縮小から都会の人口も徐々に減り文明的に後退した国になる可能性を秘めてます。 また地方の文化・伝統・特産物などは消えていってしまうのも大変寂しいことです(現在も消えていっている)。
宿力の2つの使命

これからの日本のビジネスは、観光産業が支える

地方の人口減を食い止める方法の1つとして

  1. 地方の魅力を惹き出す
  2. 地方に多くの人に来てもらいお金を落としてもらう
  3. 地元企業の活性・雇用の創出が鍵となってきます

我々はそのすべてを解決する要素を持っており、経済効果の高い“宿泊業への活性”により地方に活力を与えたいと思っております。 現在は、最も得意とするWEBコンサルを中心に北は北海道から、南は鹿児島まで多くの宿泊施設様を支援させていただいております。
しかし、地方に力をつけるという使命では、まだまだ足りないことも多く、これからはより大きなご支援が出来る事業を展開していくことを考えてます。

これからの日本のビジネスは、観光産業が支える

時代の大きな変化とうねり

実は、世界で100年以上存続する企業の80%は日本にあるほど、日本は世界で圧倒的に長寿企業大国なんです。 しかしながら80年代には、8万3千件あった旅館は2015年には4万1千件と半分以下に減少してます。 この背景には時代の流れが早いことが理由の一つに上げられます。
例えば、この20年だけでも、旅行予約は店舗予約からオンライン化、デバイスの多様化(スマホ)、SNSの浸透、 インバウンド需要の急成長、これにより宿泊施設を取りまく状況は劇的に変化し、多くが対応の遅れをとり経営ダメージを受けました。 そこで、その変化にいち早く対応し、企業の成長に支援するために生まれたのが、宿力のWEBコンサル事業部なのです。
これからも時代の変化をいち早く察知し、宿を利用するユーザーに、宿泊施設に、と三方良しの精神を持って臨んでいきたいと考えております。

時代の大きな変化とうねり

最後に

社会人になったからには夢を大きく持ちそれを是非とも叶えてほしい!!
夢を大きくもつには、素敵な夢を持つ人とふれあったり、好きなことを助長させていくことが大事です。 宿力では、やりがい・楽しさ・仲間の幸せを想う気持ちを仕事を通して学び頑張った人には、頑張った分評価される制度、 若いスタッフでも意見が出しやすい環境作り、会社の成長と共に進化するベネフィットパッケージ、 売上に応じて豪華さが増す社員旅行など社内環境の向上も整えております。
まだまだ若い会社ですが、これからの日本を地域から元気にしたい!! 仲間を大切にしたい!!
そんな未来を一緒に描ける仲間が増えると幸せです。

代表取締役社長 佐伯尚志

最後に
Profile
山口県周南市生まれ。
琉球大学卒業、在学中に仲間と共にフレアバーを経営(現存)、前職は楽天勤務にて北陸・沖縄エリアマネージャーを経験し、
今後の日本に地域経済・雇用の重要性を感じ取り、2014年に宿力を設立。
宿力に関わるすべての人を幸せに! というALL WINの考えに多くの支持を得ている。
株式会社宿力 採用情報